本文へスキップ

愛媛県西条市の特産品やお土産、鉄道グッズを販売しています。

お酒

西条の地酒

西条の地酒


2017年12月からお酒を取り扱えることになりました!
店頭には石鎚酒造・首藤酒造・成龍酒造・武田酒造の商品がございます。
どれも味わい深い絶品のお酒です。
お土産としても喜ばれるのではないでしょうか。




石鎚

◆ 石 鎚(いしづち)

純米大吟醸 720ml 1,998円〔税込〕
緑ラベル 720ml 1,566円〔税込〕
無濾過醸造 720ml 1,458円〔税込〕

石鎚酒造(株)の創業は、大正9年(1920年)。
愛媛県西条市氷見に蔵を構えました。酒蔵の位置するこの地は、西日本最高峰「石鎚山」のふところで名水の町として呼び声の高い愛媛県西条市にあり、 仕込み水にこの石鎚山系の清冽な水を使用、西条・周桑平野の穀倉地帯を控えており、酒造りに非常に適した気候、風土の中にあります。
昭和5、6年頃には50%精白の備前旭米を使用した吟醸酒「黒松」が高品質の日本酒として人気を誇っておりました。「黒松」はこの地方の高級清酒の代名詞とされ 「せめて黒松飲ませてやりたや…」といった歌までつくられていたと伝わっています。商品ラベル「石鎚」の銘柄の上に表される松の図柄は、この黒松を象徴してのものなのです。 過去5名の杜氏によって「石鎚」は醸され、さまざまな酒が商品となって世に生み出されました。
時代の移り代わりによってできた伝統は、今日まで引き継がれ「手造り」の酒を念頭に、日本酒の品質向上、研鑚に努めて、地元地域をはじめとするお客様に育てていただいております。

販売元:石鎚酒造


寿喜心

◆ 寿喜心(すきごころ)

松山三井 純米 720ml 1,242円〔税込〕
しずく媛 純米 720ml 1,350円〔税込〕
にこまる 純米 720ml 1,134円〔税込〕

創業は明治32年(1901年)。
めでたき場で大いに酒を酌み交わしてもらいたい、との願いが込められている酒銘「寿喜心(すきごころ)」。
水は石鎚山から湧き出る蔵の井戸水を、米は地元産を中心に日本各地の米を厳選して使用。大きな機会を使用せず、仕込みの規模を小さくすることで、家族の手による隅々まで目の行き届いた酒造りを心がけています。

販売元:首藤酒造


御代栄

◆ 御代栄(みよさかえ)

純 米 720ml 1,432円〔税込〕
十八番 720ml 1,118円〔税込〕
原 酒 720ml 1,080円〔税込〕

創業は明治10年(1877年)。
成龍酒造では「酒は料理の脇役であれ」をモットーに、地元の郷土料理をはじめ様々な食事を引き立てる酒造りを目指しています。
また、「酒は夢と心で造るもの」という理念を掲げ、工程の中に手作業を多く取り入れています。お米は地元の味わいをお酒に活かすべく松山三井やしずく媛を中心に、水は西日本最高峰の石鎚山からの伏流水(弱軟水)を使用し、全体的に飲み疲れしない優しさを感じるお酒に仕上げています。

販売元:成龍酒造


日本心

◆ 日本心(やまとごころ)

純米大吟醸 720ml 2,268円〔税込〕
茄 子 720ml 1,296円〔税込〕
紅 720ml 1,070円〔税込〕

明治37年(1904年)に創業。
創業者の武田近平氏は仲買業と萬屋(よろずや)を兼務する傍ら、自らが嗜むお酒は自らが造ろうと思い立ち、創業しました。昭和27年に武田酒造株式会社に改名し、現在に至ります。
武田酒造では「安心と人の五感が満たされる酒造り」を大切に、時代による嗜好の変化を敏感に感じつつ、 お米や酵母、製造技術にこだわり、特に酒造りの原点ともいえる水を大切にしています。 熟練した技でどこまでも基本に忠実に日本酒と向き合い、特に近年は、山廃仕込みの純米吟醸、袋搾りの無濾過商品に取り組むなど、希少価値の高い商品の提供に力を入れています。

販売元:武田酒造







カテゴリからさがす

  1. ジュース
  2. アイス
  3. お酒
  4. その他

ショップ情報

西条市観光交流センター

〒793-0030
愛媛県西条市大町798番地1
TEL.0897-56-2605
営業時間:9:30-17:30
年中無休
→施設案内
→アクセス  →近隣マップ