虎太朗が「出発進行!!」  (四国鉄道文化館に常設HOレイアウト)

 四国鉄道文化館(JR伊予西条駅東隣り)にHOゲージ(軌間16.5mm)の鉄道模型レイアウトが常設展示され11月26日、JR土讃線大歩危駅の助役犬「虎太朗」が出席してお披露目セレモニーが行われました

 

 レイアウトは一周約20mのL字エンドレスの複線で、2線の待避線のある駅と6線のヤードがあります。

 四国で初めて走った特急に使用されたキハ181系や急行の定番だったキハ58系、臨時列車をけん引して注目されたDE10形ディーゼル機関車やC56蒸気機関車のほか、同館に展示している0系新幹線やDF50形ディーゼル機関車も走行し、懐かしい勇姿を再現しています。

 お披露目セレモニーではこの夏、無人駅の大歩危駅の助役に就任し、木彫の「児啼爺」駅長と一緒に乗降客を迎えて人気の柴犬、虎太朗が出席。JR伊予西条駅の井原義徳駅長の出発合図に従って電源スイッチを押すと0系新幹線と50系客車をけん引するDF50形ディーゼル機関車がゆっくりと走り出しました

 

 

 本格的なHOゲージレイアウトが常設されるのは四国では初めてということ。迫力の走行シーンは模型ファンの皆さんには必見です。来館をお待ちしています

 



愛媛県 西条市" 石鎚ふれあいの里 西条市グリーンツーリズム 西条市食の創造館
Back to Top ↑