フェリーターミナル

    

現在、ゴルフ場や工場群となっている今在家の海沿いの一帯は、通称「飛行地」と呼ばれることがある。その名のとおり、昭和13年から15年にかけて、逓信省航空機乗員養成所として埋め立て・造成が行われた土地で、その後海軍航空隊に衣替して、操縦要員を養成していた。ほとんど空襲は受けなかった旧東予地区の中で、ここだけはアメリカ軍の機銃掃射や空爆を受けた。ゴルフ場の片隅に、記念碑と平和観音が安置されている。
終戦後は塩田、農用地に転用され、現在のゴルフ場や工場群になった。
その「飛行地」の海岸には、東予港フェリーターミナルがある。市政施行間もなかった昭和48年、大阪南港と四国を結ぶ大型フェリーが就航し、以来、市の発展に大きく貢献してきた。最近は、国内では最大級の新造フェリーが就航している。

33.93152,133.119176
アクセス JR壬生川駅より車で約8分 今治小松自動車道東予丹原ICより車で約15分
所在地 西条市今在家1500番地2(四国開発フェリー株式会社)
ホームページ 四国オレンジフェリー
お問合せ先 0898-64-6001:東予港
駐車場 あり
営業時間
料金
シーズン等


愛媛県 西条市" 石鎚ふれあいの里 西条市グリーンツーリズム 西条市食の創造館
Back to Top ↑