西条市民公園

鷹丸町にある市民公園は、桜・銀杏・メタセコイヤ等の樹木が良く茂っており、四季折々に楽しませてくれる。
公園の中には、“新幹線の生みの親”といわれる、第4代国鉄総裁十河信二氏の縁によって国鉄から西条市に寄贈されたSL「春雷号」(C57)がある。十河氏は明治17年中萩村に生まれ、旧制西条中学に学び、後に東海道新幹線建設に尽力した。戦中戦後の大変な時期に第2代西条市長を務め、昭和44年には西条市名誉市民となられ、昭和56年に97歳で逝かれた。この郷土の偉人の功績を顕彰するため、JR伊予西条駅前に「十河信二記念館」を建設し、公園内にあった十河信二氏の胸像も同館前に移設した。
隣接する旧西条市体育館は、フランスの世界的な建築家ル・コルビュジュに師事した、坂倉準三氏(1901~1969)の設計によるものである。



愛媛県 西条市" 石鎚ふれあいの里 西条市グリーンツーリズム 西条市食の創造館
Back to Top ↑