一色耕平

明治25・26年頃から40余年にわたって、銅山の精錬所から排出される硫煙で、東予地域の農林業に大きな被害が出た。この四阪島煙害問題解決にあたって、農民代表の中核として協定成立に尽力したのが、壬生川町長一色耕平氏である。
その功績を讃えた碑が、昭和28年、旧壬生川奨農会館(周桑病院前)に建てられた。刻字は内閣総理大臣吉田茂の書である。壬生川公民館(元の役場)にも頌徳碑があり、生家のあった明理川には邸跡の碑が建っている。

※写真は一色耕平徳碑(壬生川公民館)

33.935759,133.084066
アクセス JR壬生川駅より車で約3分 今治小松自動車道東予丹原ICより車で約7分
所在地 愛媛県西条市壬生川2000番地(壬生川公民館)
ホームページ
お問合せ先
駐車場
営業時間
料金
シーズン等


愛媛県 西条市" 石鎚ふれあいの里 西条市グリーンツーリズム 西条市食の創造館
Back to Top ↑