黒川通軌(みちのり)

黒川通軌(幼名武夫)は、天保14年(1843年)小松・岡村に生まれる。篤山先生の長子・南海先生に学び、長じて維新・討幕運動に奔走する。
明治6年には陸軍大佐に補されるが、これは薩長土肥の門閥が要職を独占していた明治初期では異例の人事といえる。西南の役の功などにより、明治18年には陸軍中将に昇格、明治20年男爵を賜り、華族に列せられた。明治26年に勲一等瑞宝章、同年、東宮武官長兼東宮大夫、学習院長。
明治30年には小松に帰郷。明治36年、享年61歳で永眠。養正ヶ丘にある墓前の石灯籠一対は、大正天皇ご即位記念に下賜されたものである。また、昭和25年の昭和天皇行幸の折、小松駅に停車され、侍従から中将の墓所があることなどをご説明申し上げたという。篤山先生を祖とする小松の学風が育てた偉人である。



愛媛県 西条市" 石鎚ふれあいの里 西条市グリーンツーリズム 西条市食の創造館
Back to Top ↑