真鍋嘉一郎

真鍋嘉一郎は明治11年旧大町村に生まれ、苦学して東京帝国大学医学部に進み、ドイツ留学を経て、レントゲンやラジウム、電気などを利用する「内科物理療法」の草分け的な存在となった。
「医学の最終の目的は患者を治すことだ」という哲学に徹し、「外来の真鍋」とも言われた。浜口雄幸首相など多く著名人の主治医としても知られている。特に、松山中学時代に師弟関係にあった夏目漱石の最期を看取ったのも彼といわれる。ドイツ時代に知り合った野口英世との親交も深いものがあった。
現医師会館にレリーフが残されている。生家は生誕百年を記念して、昭和53年に楢本神社に移築された。

33.903294,133.188581
アクセス JR伊予西条駅より車で約5分、今治小松自動車道いよ西條ICより車で約12分  
所在地 愛媛県西条市大町1138(楢本神社)
ホームページ
お問合せ先 0897-55-4347:楢本神社まで
駐車場
営業時間
料金
シーズン等


愛媛県 西条市" 石鎚ふれあいの里 西条市グリーンツーリズム 西条市食の創造館
Back to Top ↑