周桑和紙

天保年間、農家の惨状を見かねた田中佐平翁が私財をなげうって、農家の副業として村内に指導したのが始まりといわれる。戦後間もない頃、最盛期をむかえ、70軒もの業者があった。昭和40年代中頃までは、作業場のトタン板に漉(す)いた和紙を干す、国安独特の風景が広がっていた。
現在も独特のぬくもりのある奉書紙・檀紙は全国シェアの90%を占めているが、伝統工芸として後継者問題に直面している。

33.940396,133.061439
アクセス 今治小松自動車道東予丹原ICより車で約8分  
所在地 愛媛県西条市国安
ホームページ 西条市ものづくり支援課
お問合せ先 0897-52-1437:西条市役所 ものづくり支援課 農商工連携係
駐車場
営業時間
料金
シーズン等


愛媛県 西条市" 石鎚ふれあいの里 西条市グリーンツーリズム 西条市食の創造館
Back to Top ↑