医王院・金毘羅大権現

  

光仁天皇の頃(770年~781年)、伊予の国主河野玉澄の嫡子で周布郡司であった益男が建立。本尊は薬師如来、開祖は恵良上人である。
貞治年間(1362年~1363年)に兵火により全焼したが、山内氏、僧河(そが)氏、近田氏の三城主によって再建された。本堂横の金比羅大権現は慶長年間(1596年~1615年)に松山城主加藤嘉明が一郡一祠により勧請したもので、元は山頂にあったが、明治初年に現在の場所に遷された。

33.928148,133.018459
アクセス 今治小松自動車道東予丹原ICより車で約20分
所在地 愛媛県西条市河之内甲447
ホームページ
お問合せ先
駐車場
営業時間
料金
シーズン等


愛媛県 西条市" 石鎚ふれあいの里 西条市グリーンツーリズム 西条市食の創造館
Back to Top ↑