妙雲寺

 

石鈇山妙雲寺は、横峰寺の前札、石鎚登山者の礼拝所となっている。天文7年(1538年)、剣山城主黒川氏はこの寺に蔵王権現像を奉納した。小松藩主一柳家もこの寺を尊崇し、第3代直卿公は「蔵王宮」の額を奉納している。

本堂は、昭和51年に香園寺の旧本堂を移築したもの。また、地蔵堂は奥途中之川から移転し、地蔵尊石像は地蔵谷から出土したものと伝えられている。

33.877791,133.079088
アクセス 松山自動車道いよ小松JCT・ICより車で約5分  
所在地 愛媛県西条市小松町妙口甲716
ホームページ
お問合せ先
駐車場 駐車場あり
営業時間
料金
シーズン等


愛媛県 西条市" 石鎚ふれあいの里 西条市グリーンツーリズム 西条市食の創造館
Back to Top ↑