仏心寺

  

仏心寺は、慶安3年(1650年)2代藩主直治により菩提寺として創設され、南明禅師をもって開山とした。歴代藩主は神仏への崇敬が厚く、特に3代藩主直卿は額字を浄書奉納した。寺内には藩政期の古文書・書跡、境内には陣屋内にあった桜門・霊屋門と会所・供侍など歴史的価値のある建造物や市指定の広葉杉、明石蓮(椿)など、数々の文化財を有し、旧小松町の宝庫といえる存在である。
歴史藩主の墓は仏心寺より南の仏心寺山にあるが、初代藩主は隣接の遠見山、7代藩主は臼谷山にある。一柳氏の墓石は代々質素な一つ台の形を守っている。それは、直治が「宗家西条藩は末弟ゆえ一つ台でよい」という考え方を示し、家臣たちも藩主の墓形にならったものといわれる。

33.892291,133.112969
アクセス JR伊予小松駅より徒歩15分、 松山自動車道いよ小松JCT・ICより車で約10分
所在地 愛媛県西条市小松町新屋敷甲2452
ホームページ
お問合せ先
駐車場 駐車場あり
営業時間
料金
シーズン等


愛媛県 西条市" 石鎚ふれあいの里 西条市グリーンツーリズム 西条市食の創造館
Back to Top ↑