保國禅寺

  

保國禅寺本堂の裏にある庭園は、蓬莱池泉(ほうらいちせん)鑑賞式で、永享年間(1430年頃)の作庭であろうとされている。830㎡ほどの小規模な庭園ではあるが、四国では最古のものである。
本堂は天正13年(1585年)の兵火や文禄4年(1595年)の洪水などの災禍を受けてきたが、庭園はこれらの難を逃れ、禅宗寺院の庭園として幽玄な趣をかもしだしている。石材はいずれも加茂川から採った青石が主材料となっている。正面築山に三尊石、その下に枯滝の石組みを構え、左右の山畔から池辺にわたって多数の石を配し、池中に亀島を置いている。室町時代特有の手法をよく伝えている。国指定名勝。

33.89149,133.185282
アクセス JR伊予西条駅より車で約12分
所在地 愛媛県西条市中野甲1681
ホームページ
お問合せ先 0897-56-3357
駐車場 駐車場あり
営業時間
料金
シーズン等


愛媛県 西条市" 石鎚ふれあいの里 西条市グリーンツーリズム 西条市食の創造館
Back to Top ↑