阿曽岡

広岡部落入り口近くに、周囲150m程の小さな丘があり、これを阿曽岡と呼ぶ。河野功三郎源吉弘(三芳の行元氏の先祖といわれる)が拠った中世の山城跡で、天正8年(1580年)、新居の金子元宅(もといえ)の侵攻によって落城した。
また、6世紀末の小型の前方後円墳でもある。
さらに、吉岡氏先祖の墓があるところともいわれ、明治時代に京都の吉岡氏、平成9年には神奈川県の吉岡氏が、それぞれ全国の吉岡氏発祥の地として調査に来られた。
「いたずらずきのたぬき」や「庵寺と金の佛像」の昔話も残り、小さいながらも、実に多彩な伝承が残る、不思議な丘である。

33.928967,133.041075
アクセス 今治小松自動車道東予丹原ICより車で約7分
所在地 愛媛県西条市広岡
ホームページ
お問合せ先
駐車場
営業時間
料金
シーズン等


愛媛県 西条市" 石鎚ふれあいの里 西条市グリーンツーリズム 西条市食の創造館
Back to Top ↑