本松寺跡と飯尾館跡

 

本松寺の開基は、天文17年(1548年)飯尾維敏によるといわれるが、現在は三界萬霊(さんかいばんれい)の石柱があるのみ。その子孫と云われている二名氏は、本松寺さんと呼ばれていた。
石柱から200m東に飯尾館跡があり、その森の中に楠の大木と祠がある。
また、飯尾館跡から50m南に飯尾塚がある。千足山中ノ森城主・能瀬越前守は、黒川元春に討たれ(1528~31年頃)、この地に葬られた。石碑があり、椿の大木がある。

33.916544,133.090817
アクセス 今治小松自動車道東予丹原ICより車で約7分
所在地 愛媛県西条市北条
ホームページ
お問合せ先
駐車場
営業時間
料金
シーズン等


愛媛県 西条市" 石鎚ふれあいの里 西条市グリーンツーリズム 西条市食の創造館
Back to Top ↑