石経・立石の常夜燈

市内にいくつか残る、金毘羅街道脇に建てられた常夜燈で、俗に金毘羅燈籠と呼ばれ、そのうち石経に残るものは、高さ4.5mの花崗岩造りである。「万延元年(1860年)申初冬、発願主渡部半右衛門」とあり、他に有志の連名がある。下に「右さぬき道」の道標が立つ。同じような常夜燈が関屋にも残っている。

33.866607,133.036449
アクセス 今治小松自動車道東予丹原ICより車で10分
所在地 愛媛県西条市丹原町石経
ホームページ
お問合せ先
駐車場
営業時間
料金
シーズン等


愛媛県 西条市" 石鎚ふれあいの里 西条市グリーンツーリズム 西条市食の創造館
Back to Top ↑