志川掘抜隧道

志河川の水を志川地区の灌漑用水として利用するため、寛文5年(1665年)に公儀の依頼(銀5貫350目)を受けた三津屋の石工米屋三郎右ヱ門が、権現山下の岩石を切り抜く隧道工事等(長さ14間=約25mの隧道と長さ21間=約38mの岩石切割工事)に着手し、同7年(1667年)2月に完成させた。
その後、明治35年には地元の資産家野田峰次郎が私財200円を投じ、現在の位置(鳥越)に水道を移す工事等を行い、灌漑機能にあわせて水害の災いもなくしたといわれる。
今、支障なく日常生活を送ることができるのは、これら先人の残した功績のおかげであることを後世にも伝えていかなければならない。

33.856161,133.025417
アクセス 松山自動車いよ小松JTC・ICより車で10分
所在地 愛媛県西条市丹原町志川
ホームページ
お問合せ先
駐車場
営業時間
料金
シーズン等


愛媛県 西条市" 石鎚ふれあいの里 西条市グリーンツーリズム 西条市食の創造館
Back to Top ↑