お丹波さん(丹波神社)

渡部公広を祭神とする小社。
公広は、安芸国川尻の城主で丹波大掾という。戦国時代末期来島通康に身を寄せていたが、通康の死後、来島氏が豊臣方についたため、通康の霊を弔うため霊場巡拝の旅に出て、徳能の地に隠棲した。天正13年(1585年)の秀吉の四国侵攻で犠牲となった人々の霊を弔い、傷ついた人々を救済して善根(ぜんこん)を施したという。慶長3年(1598年)公広は亡くなるが、死後も公広の生前の徳を慕って、墳墓に参詣する郷人は後を絶たなかったと伝えられる。その地に建てられた社を丹波神社、通称「お丹波さん」といい、今なお、諸病平癒の霊験あらたかで、特に小児の咳の病には効験ありという。

33.91555,133.044713
アクセス 今治小松自動車道東予丹原ICより車で約10分
所在地 愛媛県西条市丹原町徳能
ホームページ
お問合せ先
駐車場
営業時間
料金
シーズン等


愛媛県 西条市" 石鎚ふれあいの里 西条市グリーンツーリズム 西条市食の創造館
Back to Top ↑