四角宝塔

池田の宮田鉄工所内にある、高さ約2m、凝灰岩製と思われる宝塔。地区には河野一族の墓または供養塔との言い伝えが残るが、定かではない。江戸時代初期の建立と推定されている。
「丹原町誌」(大正4年編)に、『北池の中に小島あり松樹老いて五輪塔苔むせり…』と、この宝塔の記述がある。元は、北池と呼ばれた池の中の小島にこの塔は建っていた。続いて「丹原町誌」は、その由来を、「河野一族の町田という素封家の墓」、あるいは、「南北朝時代の勤皇派得能(とくのう)家の宝剣を納めた塔」という二説を紹介している。北池は昭和47年に埋め立てられ、工場の敷地になったが、小島はそのまま保存された。

33.90897,133.054186
アクセス JR壬生川駅より車で約15分  今治小松自動車道東予丹原ICより車で約10分
所在地 愛媛県西条市丹原町池田1004番地1
ホームページ
お問合せ先
駐車場 駐車場あり(㈱宮田鉄工所内)
営業時間
料金
シーズン等


愛媛県 西条市" 石鎚ふれあいの里 西条市グリーンツーリズム 西条市食の創造館
Back to Top ↑