お堀端界隅

  

旧西条藩陣屋跡を巡る堀端には、柳の古木が並び、お堀の中を錦鯉がゆったりと泳ぐ。ベンチや親水階段なども整備された市民の憩いの場となっている。
堀の奥のうっそうとした大木の下には、堂々とした「西条藩陣屋大手門」(屋根瓦には「紀州六つ葉葵」「西条隅切り三つ葉葵が使われている。)が西条高校の正門として高校生を見守っている。大手門の北側には、裁判所や郡役所の正門などに移設されてきた歴史を持つ「北御門」が残る。
その傍らの白い建物は、昭和26年に浦辺鎮太郎氏が手がけた栄光幼稚園の教会で、礼拝時に鳴らされる鐘の音も素晴しい。昭和10年建築の近代和風の武道場である「武徳殿」(県内では外には3件=新居浜2件、野村1件のみ)や、乃木希典(まれすけ)による「日露戦役記念碑」なども建ち、水都西条、城下町西条のシンボル的な風景が拡がる。

33.919877,133.180003
アクセス JR伊予西条駅より徒歩で10分
所在地 愛媛県西条市明屋敷
ホームページ
お問合せ先
駐車場
営業時間
料金
シーズン等


愛媛県 西条市" 石鎚ふれあいの里 西条市グリーンツーリズム 西条市食の創造館
Back to Top ↑