壬生川鷺森神社

波静かな瀬戸の入り江、壬生川港堀川沿いにひときわ濃く見える緑の森が「鷺の森」である。伝によれば、文和元年(1352年)、伊予国守護職河野通盛がこの地を埋め立てて伊勢神宮を勧請、その時植えた楠に白鷺が群棲(ぐんせい)したので、いつしか鷺の森と呼ぶようになったという。鷺の森神社の祭神は、天照大神(あまてらすおおみかみ)、豊島大神(とよしまおおみかみ)など、主な建造物は、本殿、拝殿、三穂神社社殿。
「おかげん」の名で親しまれてきた壬生川鷺の森神社の管弦祭(かんげんさい)は、安芸厳島神社の神事に倣い、旧暦の6月17日に行われている。

ご神木の楠は、高さ約25m、周囲約7mの巨木で、樹齢650年余は、大山祇神社に次ぐものといわれ、表面には青苔をつけている。昭和58年7月18日に、東予市指定天然記念物。

33.937263,133.08737
アクセス 今治小松自動車道東予丹原ICより車で約10分、
所在地 愛媛県西条市壬生川
ホームページ
お問合せ先 0897-47-3575:西条市観光振興課まで
駐車場 境内に駐車スペースあり
営業時間
料金
シーズン等


愛媛県 西条市" 石鎚ふれあいの里 西条市グリーンツーリズム 西条市食の創造館
Back to Top ↑