中世山城跡・世田山

    

標高339mの世田山は、奇祭“きうり封じ”で有名な栴檀寺(せんだんじ:世田薬師)の西側の山で、南北朝時代の古戦場跡として有名。「太平記」には、ここでの合戦の模様が詳述されている。1342年から1392年の間に3度の戦が行われ、伊予の守護・大館氏明公他17名が自刃した地である。栴檀寺・奥の院の隣に、武将たちの墓がある。
麓の栴檀寺からは旧朝倉村の笠松山へ抜ける遊歩道が整備されており、やや急峻な所もあるが、ゆっくり歩いても約30分あれば山頂に着く。一帯は国立公園に指定されており、その眺望は目を見張るものがある。
遊歩道沿いの竹林の中には古墳時代後期の古墳群などもあり、県道を隔ててすぐ東にある永納山遺跡などとあわせて、ゆっくり散策できる絶好のハイキングコースである。

33.977673,133.041172
アクセス 今治小松自動車道今治湯の浦ICより車で約10分
所在地 愛媛県西条市楠
ホームページ
お問合せ先 0897-47-3575:西条市観光振興課まで
駐車場
営業時間
料金
シーズン等


愛媛県 西条市" 石鎚ふれあいの里 西条市グリーンツーリズム 西条市食の創造館
Back to Top ↑