楠陵天満宮

小松町新屋敷字真護地(まごじ)、天神山の山裾にある楠陵天満宮は、小松藩3代藩主一柳直卿公が京都北野天満宮を勧請したもので、祭神は菅原道真公。
境内からの道前平野の眺望も素晴しい。この天満宮から明勝寺、天神池界隈には、自然豊かな里山風景が広がる。野鳥の宝庫でもあり、風景写生や俳句・短歌づくりには、好適地である。

33.886725,133.118978
アクセス 松山自動車道いよ小松JTC・ICより車で約15分
所在地 愛媛県西条市小松町新屋敷
ホームページ
お問合せ先
駐車場
営業時間
料金
シーズン等


愛媛県 西条市" 石鎚ふれあいの里 西条市グリーンツーリズム 西条市食の創造館
Back to Top ↑