黒瀬湖(黒瀬ダム)

昭和48年完成の黒瀬ダムは、県下でも有数の水量豊富なダムであり、西条市の産業発展の礎となっている。ダム湖の周囲は桜と楓の木が植えられており、春は桜のトンネル、5月の新緑、秋の紅葉と、一年を通して美しい自然と接することができる。カワセミの群れも間近に見ることができ、冬にはオシドリや鴨類なども多く飛来し、バードウォッチングにも最適の場所である。さらに黒瀬ダム1号公園、2号公園もあり、ピクニックやハイキングを楽しむにも手ごろな場所となっている。
大保木カルタには「まわれば3里黒瀬ダム」とあり、一周が約12km。ウォーキングもよし、サイクリングもよし。鏡のような水面には、ときに、“逆さ石鎚”が映える。湖を一周する形で黒瀬新四国33番観音が祀られ、参拝者も多く、像の前の花が絶えることがない。

33.867636,133.146915
アクセス JR伊予西条駅から車で約20分(国道194号、県道12号線経由)
所在地 愛媛県西条市黒瀬甲
ホームページ
お問合せ先
駐車場 駐車場あり
営業時間
料金
シーズン等


愛媛県 西条市" 石鎚ふれあいの里 西条市グリーンツーリズム 西条市食の創造館
Back to Top ↑